離婚

別居中の浮気でも慰謝料を請求できる3つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別居中の浮気は不貞行為にならず、慰謝料請求できないことがあります。

では、別居しているパートナーに浮気されたとき、どのようなときに慰謝料を請求請求できるのでしょうか?

今回の記事では別居中でも慰謝料が請求できる3パターンを紹介します。

別居と慰謝料の関係

別居をしていると通常の夫婦関係ではないと判断されてしまいます。すると、同居しているときに浮気をされたよりも慰謝料請求が減額されてしまったり、請求自体難しくなってしまうこともあります。

しかし、離婚届を役所に提出するまでは基本的には夫婦関係のままであり、条件を満たしていれば不倫をしたパートナーや不倫相手に慰謝料を請求することができます。

別居の形はパターンはいろいろありますが、「離婚の準備のための別居」や「一方的な別居」中に行った浮気ですと、慰謝料請求出来ない場合があります。

また、浮気をしている人の中には、別居・離婚の話や嫌われるようなことをして、離婚を前提にした別居や離婚をすることで、慰謝料を払わずに済ませようとする人もいます。
もしも、あまりに怪しいと思ったときは、その態度や発言の裏で浮気をしていないか調べてみた方がいいかもしれません。

別居中の浮気でも慰謝料を請求できる3つのパターン

そもそも浮気をされた被害者側から慰謝料を請求できる理由は、浮気が「平穏に夫婦生活を営む権利」を侵害する、民法709条の定める不法行為に該当するからです。

たとえば、「平穏に夫婦生活を営む権利」がそもそも離婚を前提とした別居ですでに消滅していれば、浮気をしても権利の侵害とはならなくなります。
このように、別居中に慰謝料の請求ができるかどうかは、「同居という形で夫婦生活を送っていなくても、まだ夫婦関係が続いているかどうか」がポイントとなります。

民法第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

夫婦の関係修復のための別居

結婚生活を送っていれば夫婦げんかをしたり、様々なトラブルが発生することがあります。けんかが長引いてしまい、このまま一緒にいるとさらに仲が険悪になってしまうと考えて、話し合いの上、冷却期間として一時的に別居することがあります。このとき、定期的に連絡を取っているなど、夫婦関係は継続しており夫婦仲の修復中であると判断できる事情があれば、慰謝料を請求することができます。

別居前から浮気している証拠を手に入れている

離婚を前提とした別居中に浮気をされた場合は、慰謝料の請求ができなくなってしまうと上で書きましたが、別居前から浮気をしている証拠があれば慰謝料を請求することができます。

たとえば、相手が同居中から浮気相手をしており、慰謝料を払いたくないなどの思いで別居をされた場合でも、法的に有効な浮気の証拠を事前に掴んでおけば慰謝料を支払わせることができます。

相談無料です→浮気調査の探偵選び相談窓口

単身赴任などの場合

会社の命令でやむを得ず単身赴任をしていた場合は、半強制的に別居せざるを得なかったのであって、夫婦関係が壊れているわけではないので、単身赴任中に浮気をした場合はもちろん慰謝料請求の対象となります。

最終的には裁判での判断

ここまで慰謝料請求ができるパターンをあげてきましたが、夫婦関係が続いているかどうかについての明確な判断基準はありません。

夫婦関係は続いていると思っていても、もし、相手が「夫婦関係は終わっていた」と主張してきた場合、最終的には裁判の判決に委ねるしかありません。
裁判手続きにまで発展してしまう危険もあるということも念頭において、慰謝料請求ができるか、慎重に判断しなければなりません

相談無料です→離婚の法律問題お悩み相談窓口