相続

相続税の申告について税理士に相談する3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成27年1月からの相続税基礎控除改正などに伴い相続税の申告が必要な方がかなり増えております。今回は相続税を税理士に相談するメリットについてまとめます。

相続税の基礎控除改正

相続税を計算するときには、遺産額から基礎控除額を引いた上で計算するのですが、平成27年から基礎控除額が変更されています。
例えば、相続人が妻と子供3人の合計4人の場合ですと基礎控除額は昔は9000万円であったのが、改正後では5400万円となっており、
3600万円もの基礎控除額減になっています。

ここからは相続税について税理士に相談する3つのメリットについて書いていきます。

相続税対策で節税

早めの対策で相続税がお得に

相続税対策は事前の準備がとても重要です。対策を早めにすることでを自分の資産を守ることができます。
例えば、贈与税の暦年課税制度は贈与者1人あたり年110万円の基礎控除がありますので10年、20年の期間で下の世代に移せば何千万もの金額になります。相続税対策のポイントを理解しておくと人生の中のいろいろなタイミングで大きな相続税対策を立てられることがあり、これも早い時期から意識しておくことが重要です。
このように、贈与などをうまく利用し、相続税を節約するには期間が長ければ長いほど節約できる金額が大きくなります。そのため、相続税対策は早く着手すればするほど高い効果が望めますので、早めに税理士に相談をするのがおすすめです。

後からの相続税対策も可能

「相続税対策は、後からはできない」と世間では言われていますが、実際は相続税を節税するポイントがいくつかあります。

土地評価

不整形補正、広大地、都市計画道路、高圧線下、遺産分割方法による評価減など、土地の評価額を下げる要素は無数に存在しますので、これらをしっかり確認し反映させることで土地評価を下げ節税することが可能です。

名義預金

名義預金とは親族に名義だけ借りて預金しているように見えてしまう預金のことです。例えば、奥さんが自分のパートのお金を貯めているなどした場合です。これをどのように申告するかが重要で、名義預金の評価によっては数千万円という相続税額が変わってくる場合もあり、税理士の腕次第で変わってくるところの1つです。

小規模宅地の特例

小規模宅地の特例とは、土地の評価を80%又は50%下げることができる重要な特例ですが、制度の内容は非常に複雑かつ難解なため、この特例を適正に理解し使いこなせている税理士は少ないと言われています。

税務調査で通用する相続税対策

最近はスマートフォンを使って様々な情報が手軽に入手できる時代になりました。相続税対策についても様々な情報がインターネット上に流れており、その通りに完璧な相続税対策をしていると思っていても、実は法律上よろしくない対策をしている人も多いです。
税理士に相談することで、突っ込まれない相続税の節税をすることができます。

税務調査の対策になる

税務調査に入られる確率が下がる

相続税の申告において一般的に税務調査に入る確率は約25%です。

なぜ、税務調査が入るかというと、納税してもらった金額以上に相続税を徴収できると判断されたからです。

相続専門の税理士が適正な相続税の申告書を作成しておけば、チェックする税務職員もきちんと申告書を作成していると判断されるので、相続専門の税理士が申告を行うことで、税務調査に入る確率がぐっと低くなります。

税務調査の時に税理士がいれば心強い

税務調査は突然やってきます。税務調査に現れた税務署員からどんどん突っ込んだ質問をされると普通の方であれば、ただただ慌てふためいてしまったら、違うことも「はい」と言ってしまったりします。

税務調査官も、なんとしてでも申告漏れを見つけて修正申告させると意気込んでやってきますので、税務調査とは、まさに闘いなのです。しかも、日夜調査に明け暮れている腕を磨いているプロの税務調査官が相手ですので、素人が対応をすることは、最初から負けを認めているようなものです。
そんな時に、税務調査からの質問にしっかりと論理的に的確な回答をする税理士が味方にいてくれるほど心強いことはありません。

自分の負担を減らすことができる

これが単純ながらも1番大きなメリットかもしれません。
相続税申告に関連する事務作業や書類の作成には、慣れている税理士でも膨大な時間を要することがあります。ましてや、相続税の申請の知識も経験もない素人が行うと大変なことになります。仕事が土日休みであれば、平日に役所に行くために休みを取る必要が出てきたりするなど、仕事や日常生活にも支障が出てくるかもしれません。
税理士に依頼して任せてしまったほうが確実ですし、あとで後悔することもほとんどないでしょう。
相続が発生しているときには他にも大変な事も多いと思うので精神衛生上も税理士に任せるのがいいでしょう。

ここまでで、税理士に相続税の相談をする3つのメリットを紹介しました。

振り返ってまとめると、

  1. 相続税対策をして節税をすることができる
  2. 税務調査に入られにくくなり、入ったときも税理士に対応してもらえる
  3. 自分の負担を軽減することができる

の3つがメリットでした。

税理士の選び方

では、その相談する税理士はどのように選べばいいのでしょうか?

税理士には大きく分けて2種類のパターンがあります。

  • 法人税を専門とする税理士
  • 相続税を専門とする税理士

相続税の申告は担当する税理士によって、不動産の評価やその他資産の評価などが変わってくることがあり、大きく納税額が変わってくる可能性があります。

実際、多くの方が相続税に関して税理士に相談をしていますが、法人が主な税理士が多く、相続に不慣れな税理士が多いです。そこで、相続税を得意とする、相続税について専門性と実績のある税理士を選ぶ必要があります。

とはいえ、相続の実績があり、相続税が専門分野の税理士を自分で探すのは非常に困難です。

相続税に強い税理士を探している方はこちらの案内無料の相談窓口