離婚

離婚や慰謝料請求するための浮気の証拠写真・動画の集め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気をしている証拠を頑張ってつかんでも、その証拠の価値が低いものだったり、法的に無効なものだったとしたら、意味がなくなってしまいます。
今回の記事では、浮気を証明し、離婚や慰謝料の請求ができるようにするためには、どのような証拠がベストであるかをまとめています。

浮気の証拠についての基本知識

浮気と不貞行為は違う

浮気をされたときに、法的に慰謝料請求をしたり、離婚の請求をするためには「不貞行為」を証明する必要があります。

民法でも、離婚の請求をするためには「配偶者に不貞な行為があった」ことが必要とされています。

民法770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

他の異性とキスやデートをしていれば、一般的には浮気となりますが、実はこれでは不貞行為にはならないのです。
不貞行為とは「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」とされています。
つまり、不貞行為になるかどうかは、浮気相手と肉体関係があったかどうかが問題となりますので、不貞行為の証拠は肉体関係があったことを証明するものでなくてはなりません。

証拠がなぜ必要なのか

もし、相手が不貞行為があったことを認めなければ、離婚や慰謝料を請求する側が、不貞行為があったことを証明する必要があります。
証拠が不十分であっても、離婚や慰謝料が認められた事例もありますが、やはり離婚をしたり慰謝料を取ることは難しくなってしまいます。
ですので、財産分与や親権、養育費なども含めて交渉や裁判を有利に進めるためにも、不貞行為の証拠を手に入れることはとても重要です。

確実に不貞行為を証明するための浮気の証拠

不貞行為になるかは肉体関係があるかどうかが問題でした。
また、1度だけの肉体関係の証拠では不貞行為とまでは見なされなかった裁判例もありますので、複数回の肉体関係を確実に証明する必要があります。
そのためには、以下のような証拠を用意する必要があります。

浮気場所がラブホテルの場合

ラブホテルへ3回以上一緒に行っていることが証明できる

先程も述べたように、1回の不貞行為では慰謝料や離婚を認めないケースがありますので、複数回の不貞行為の証拠がに必要になります。
部屋を取っていることを証拠するためにも、ラブホテルの受付の写真なども手に入れておきたい所です。

ラブホテルの滞在時間が40分以上であることが証明できる

入っただけで肉体関係は無かったという言い訳を許さないための滞在時間は40分と言われています。そのため、「いつラブホテルに入ったのか」、「いつラブホテルを出たのか」を証明できる証拠を手に入れなければなりません。

浮気場所が相手宅の場合

不貞行為の証拠となるものとして、相手の自宅へ通っている写真・動画がありますが、これは1つのみでは足りません。

ラブホテルは社会通念上、肉体関係を持つために出入りする場所という認識があります。しかし、自宅の場合は、一般的に肉体関係を持つための場所とまでは言えませんので、ラブホテルのときと比べて、より親密で継続性のある関係であることを証明できるような証拠が必要になります。
一般的に5回以上、相手宅に通っていることの証拠があれば、不貞行為を証明できると言われています。

浮気場所がビジネスホテル・シティホテルの場合

ビジネスホテル・シティホテルも自宅の場合と同じように社会通念上、肉体関係を持つための場所と言えるような場所ではありません。
相手宅の場合と同様に5回以上の出入りが欲しい所ですが、ホテルの場合ですと、入って行ったとしても、「会議室を使っていただけ」や「別の部屋に泊まっていた」可能性もあります。
そのため、ビジネスホテルでの不貞行為を証明するためには、同じ部屋に入って行った所の写真が必要です。

不貞行為によって離婚する際の慰謝料の目安

離婚原因が一方的かどうかや、不貞行為の回数や頻度であったり、精神的苦痛による症状などによっても変わってきますが、一方的な不貞行為の証明があった際の慰謝料の目安は以下の通りです。

婚姻期間  慰謝料の目安
1〜5年→ 約200〜400万円
5〜10年→ 約300〜500万円
10〜20年→ 約400〜600万円
20年以上→ 約500〜800万円

さらに、通常は財産分与はそれぞれ半分ずつですが、不貞行為の回数や継続年数などの事情によって取り分が増えることもあります。

もちろん個々の事情などによって前後しますので、詳しいことは弁護士に相談してみましょう。
無料相談可能な離婚に強い弁護士を探す

弁護士の無料相談を活用する方法→「弁護士への無料相談を離婚・浮気でフル活用するためのポイント10」

不貞行為の証拠の集め方

自身での浮気調査は難しい

正直、こういった写真・動画を自身で撮影するのはかなり難しいです。
もし、追跡されていたり、証拠をつかもうとしていることが分かれば警戒されてしまい、浮気の証拠を得るチャンスが失われてしまいます。

たしかに、1度追跡してホテルや相手宅に入っていく写真の撮影であれば出来るかもしれません。
しかし、上で述べたように、ラブホテルであれば3回、ビジネスホテル・相手宅であれば5回もの写真を手に入れる必要があります。
複数回の尾行をして、相手に気づかれずに撮影するのは困難を極めます。尾行に成功しても、ホテルの受付や部屋に入るところの撮影は相手に顔が知られているのでほぼ不可能でしょう。

また、証拠写真はしっかりと個人が特定できるよう顔がしっかり写っている必要があり、暗闇の中、フラッシュを使わずにはっきり顔が分かる写真を取らなければなりません。

浮気調査は探偵に依頼するのがベスト

探偵に浮気調査を頼めば、顔も知られておらず、暗闇でも鮮明に撮影できる専用のカメラや、ホテル内で写真をとるための小型カメラなども持っています。
探偵であれば、ラブホテルの受付の様子や、ビジネスホテルの同じ部屋に入っていくところの写真・動画も手に入れることのできる可能性が高いです。

そのため、浮気調査をする際には、多くの人が探偵事務所に依頼をしています。一度、探偵に事情や状況を話して、無料診断や無料相談をしてアドバイスをもらったり、見積もりを出してもらうといいでしょう。
無料診断→あなたにピッタリの探偵を2分で診断!探偵さがしならタントくん