相続

遺言書を見つけたらどうすればいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言書というと資産家の家の事だけと思うかもしれませんが、最近は書店などでもエンディングノートが数種類発売されていたり終活という言葉も広まっていますので、遺言書を実は書いていたということも大いに考えられます。今回は自筆証書遺言と公正証書遺言のうち、自筆証書遺言を発見したときの対処法についてです。

遺言書を見つけたらまずは検認

検認とは、家庭裁判所で遺言書の改ざんなどを防止するために、内容の確認を行うことです。基本的には遺言書の検認が済んでいない状態では相続手続きは進められないので、速やかに検認を受ける必要があります。
手続きを行うのは、一般的に保管者になりますが、箪笥や引き出しなどから出てきた場合は発見者になります。
検認を受けずに開封したからといって直ちに無効になる訳ではありませんが、他の家族から改ざんなどを疑われる原因にもなり、無用なトラブルを招いてしまいます。

民法上でも検認について以下のように定められています。

民法第千四条(遺言書の検認)
遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
2  前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
3  封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

遺言書の中身に不利なことが書いてあったとき

遺言書は、封をしていないものもあったり、封をしてあっても開けることは容易ですので、内容を見ようと思えば見ることも出来てしまいます。
ついつい隠れて見てしまった遺言書に、他の兄弟などに全財産を譲ると書いてあったとしたら、とっさに魔が差して隠してしまう人もいるかもしれません。
もし遺言書を隠すとどうなってしまうのでしょうか?

民法第八百九十一条
次に掲げる者は、相続人となることができない。
一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
二  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
三  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
四  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

この民法891条は、相続を受けることが出来なくなってしまう条件が定められた条文で、その5番目に「相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者」という一文があります。
つまり、偽物を作る、書き換える、捨てる、隠す、などの事をした者は相続人としての地位を捨てることになり、一円たりとも相続を受けることができなくなってしまいます。
ですので、見つけた遺言書がどんなに都合の悪い遺言書だったとしても、書き換えたり、隠したりはしないようにしましょう。
事前に対策したい場合は、弁護士などの専門家に相談しましょう。

遺産分割協議終了後に遺言書を見つけたら

遺言書が棚の一番奥などにあって、見つけたときにはすでに遺産分割がすでに終わっていた場合はどうなるでしょうか?

通常の場合は、遺言書よりも遺産分割協議で決定した内容が優先となります。その内容に関して相続人全員の合意があるのであれば、敢えてやり直しをする必要はありません。

しかし、遺産分割協議が無効になってしまう場合が主に2パターンあります。

遺言書で遺言執行者が明記されており、遺言書で指名された遺言執行者が、遺言書の内容通りに相続財産を分割する、と決めた場合です。しかし、遺言執行者が決められていても、遺言執行者が遺産分割協議をあとから追認すれば遺産分割協議が有効となります。

もう一つは、遺言書の中に「相続人以外に財産を譲る」や「認知をする」などの記載があった場合です。その相続人以外の人や、認知を受ける子が参加していない遺産分割協議は無効となってしまいます。

 

まとめ

遺言書を見つけたら、まずは開封せずに検認の手続きをすることが大切です。開封したり、捨てたりしてはいけません。
ここで間違えると、無駄な手間やトラブルが発生する恐れもあるので気をつけましょう。

遺言書を見つけたときには、その後の相続の手続きの事も考えて、法律の専門家に一度相談するのが安心です。
状況によって、弁護士か、司法書士か、行政書士か、税理士か、最適な専門家も変わってくるのでまずはこちらからお問い合わせをしてみましょう。