交通事故

交通事故を弁護士に無料相談するメリットとおすすめ法律事務所3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故にあってしまったとき、保険会社から示談金、治療費や慰謝料をもらうことになるかと思います。ただ、保険会社はなるべく治療費などを安くしようとしてきますし、交渉に疲れて安いまま示談に応じてしまう人もいます。

そんなときに助けになるのが弁護士で、交通事故の被害にあったときには多くの人が弁護士に相談しています。しかし、弁護士の選び方を間違えると損をすることもあります。

そこで今回の記事では、交通事故にあったときに弁護士に相談すべき理由・メリットと選び方についてまとめています。

交通事故を弁護士に相談するメリット

弁護士基準で示談金などの賠償額が増額される

交通事故にあったとき、運がよければ病院に行くほどの傷を負わないかもしれませんが、多くの人は病院に運ばれ入院を余儀なくされたり、通院が必要になってきます。
このとき、入院費や通院費を示談金や慰謝料として、加害者に請求することになります。

もし加害者が保険に加入していれば、その保険会社から示談金・慰謝料が支払われることになります。
このときに、保険会社に全て事故の対応などを任せてしまい、保険会社にいわれるがままに手続きや示談を進めてしまう方がとても多いです。
実は、保険会社の対応や示談金・慰謝料の額などは、被害者にとってまったくもって十分な金額とはいえません。

保険会社はあくまで民間の企業ですから、「なるべく費用を支払いたくない」と考えており、保険会社の基準では示談金・慰謝料の額はかなり下げて計算されています。

弁護士基準とは

弁護士基準とは、過去の裁判の判例などから計算された損害賠償の金額です。
一般的には、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」と「交通事故損害賠償額算定基準」から、個々の交通事故のケースにあてはめて計算することになります。

弁護士基準は交通事故の最も高い支払い基準ですので、被害者にとって本当に妥当といてる示談金・慰謝料を導きだしてくれます。
多い場合だと、もとの提示額の3倍程になることもあります。

そのため、弁護士に依頼して、保険会社に法的に増額の請求をすると、もともと保険会社から提示された示談金とくらべて、大幅に増額された示談金を受け取ることができます。

さらに、通院や休業補償の延長ができたり、過失割合や後遺障害の等級認定を見直せる可能性もあります。

一度示談をしてしまうと、弁護士でももう交渉はできなくなってしまうので、後で後悔しないように、示談金として妥当な金額がどれくらいであるかなども含めて、必ず弁護士に一度相談するようにしましょう。

保険会社との交渉がなくなり、怪我の治療に専念することができる

被害者は交通事故で入院などをしていると、仕事を休まねばならなかったり生活に支障が出ています。そうなると、怪我の治療に専念して通常の生活に戻りたいと考え、保険会社との交渉にたえられず示談金に納得出来ていないながらも示談してしまいます。

弁護士に依頼すれば、すべての交渉を代理で行ってくれ、交通事故に関する法律の専門的知識を一生懸命調べたり、保険会社の対応に悩まされることもなくなります。

交通事故を相談する弁護士事務所の7条件

保険会社との豊富な交渉実績がある

保険会社にも国内保険会社だけでなく外資系保険会社などもあり、多くの保険会社との交渉経験が必要となります。

この交渉力によって示談金や今後の対応が変わってくる大事なところです。

交通事故の裁判に強い弁護士である

示談交渉で保険会社が頑なで、どうしても示談が成立しない場合には、裁判などが必要になります。

そのとき、慣れていない弁護士ですと、適切な主張・判断ができず、獲得できる慰謝料が下がってしまうこともあります。
そんなことにならないためにも、交通事故に力を入れており、経験豊富な弁護士事務所に相談する必要があります。

相談無料の弁護士事務所である

まずは、交通事故の状況を伝えて、示談金・慰謝料がどれだけ増額できるかの見込みを知りたいと思います。
見込みもわからず、依頼するかどうかわからないときに、高い相談料金を払うよりも、相談無料の弁護士事務所に相談をしてみましょう。

着手金が無料で完全成功報酬制である

依頼するときにかかる着手金などが無料の事務所であれば、費用の支払いは交渉終了後に受け取る示談金や慰謝料の中からとなります。
そのため、事故で治療費などがかかる中で自分で弁護士費用を持ち出す必要が無くなります。

弁護士費用特約が利用できる

弁護士費用特約とは、弁護士費用を保険会社が負担してくれるという、一部保険に付帯している特約です。
保険に加入している場合には多くの場合弁護士特約がついているので、その保険を利用することで、上限はあるもののすべての弁護士費用がその保険で支払うことができます。
家族などが加入している保険でも、弁護士費用特約を利用できることもあります。

全国対応している弁護士事務所である

全国対応の弁護士事務所ですと、交通事故相談だけでかなり多くの相談を受けていますので、交通事故への経験値が高く、保険会社や裁判所との交渉がスムーズです。

有名な交通事故対応弁護士事務所である

交通事故の弁護士として有名な事務所ですと、保険会社に舐められるようなこともないので、交渉を有利に進めることができます。

また、有名な弁護士事務所は、イメージなどもあるので良心的に運営・対応をしているので、弁護士費用を必要以上にとられたりしないなど安心して相談が出来ます。

それでは、これら7つの条件を満たした弁護士事務所を3つ紹介します。

東京ステラ法律事務所

事務所特長

東京ステラ法律事務所は、外資系保険会社も含めて多くの保険会社との豊富な交渉実績がありますし、後遺障害等級の認定実績も多くあります。

むちうち・骨折・椎間板ヘルニア・脳挫傷、などでは後遺障害の認定によって示談金が大きく上下しますので、東京ステラ法律事務所に出来るだけ早い段階で一度相談してみましょう。

所属弁護士

天野 仁 東京弁護士会所属
弁護士番号 47669

張谷 俊一郎 東京弁護士会所属
弁護士番号 49524

アクセス

〒160-0004
東京都新宿区四谷2丁目8番地
新一ビル1101号室

四ツ谷駅 徒歩5分

詳細・無料相談予約→東京ステラ法律事務所

弁護士法人 天音法律事務所

事務所特長

天音法律事務所には、交通事故の対応に関する経験と知識が豊富な弁護士やスタッフが在籍していますので、迅速かつ適切なアドバイスをもらうことができます。
多くの交通事故を取り扱った実績があり、事故の大小に関係なく対応をしてくれる事務所です。

所属弁護士

人見 勝行 第一東京弁護士会所属
弁護士番号28805

三上 拓馬 東京弁護士会所属
弁護士番号42800

アクセス

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-2 VORT平河町9階

永田町駅 徒歩2分

詳細・無料相談予約→天音法律事務所

弁護士法人FLAT

事務所特長

交通事故の相談では、事故の怪我の治療終了後からしか相談を受け付けない事務所もあります。
しかし、弁護士法人FLATであれば、まだ治療をしているときからサポートをしてもらえますので、早い段階で一度無料相談をしてみるといいと思います。

また、弁護士法人FLATは交通事故案件に特化した事務所で、東京海上日動火災保険・ソニー損保・三井住友海上・イーデザイン損保などの数多くの保険会社との交渉を示談金大幅増額でまとめた実績があります。

所属弁護士

平林 真一 東京 弁護士会所属
弁護士番号 35542

高関 雅英 東京 弁護士会所属
弁護士番号 41994

佐々木 輝 第二東京弁護士会所属
弁護士事務所 49753

小沼 千夏 東京弁護士会所属
弁護士番号 49841

アクセス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3丁目5−7
エミナンス九段 5F

市ヶ谷駅徒歩10分
九段下駅徒歩12分

詳細・無料相談予約→弁護士法人FLAT

交通事故加害者側の弁護士相談窓口

上の3つの法律事務所は交通事故対応についての経験が豊富で、費用面でも相談無料・完全成功報酬の、交通事故の相談において信頼できる法律事務所です。

さらに、これらの法律事務所は全国対応しているのでどこに住んでいる方でも依頼できます。

しかし、これらの事務所は交通事故の被害者側の相談に力を入れている事務所ですので、加害者側の方はどこに相談すればいいのか分からない方も多いと思います。最後に、そんな方に役立つサービスを紹介します。

日本法規情報株式会社 交通事故相談サポート

交通事故相談サポートに、相談内容を入力して送信すると、その人の状況にあった弁護士事務所を無料で案内してもらえます。相談するときに、弁護士事務所からも、依頼者からも仲介手数料などは取っていないクリーンなサービスですので、窓口を通したからといって依頼料が高額になるなどということもありません。

「交通事故サポート」のお問い合わせフォームには加害者か被害者側かの選択肢もあるので、被害者側の方はもちろん、加害者側の方も安心して相談することが出来る窓口です。依頼概要に記載をすれば、相談無料の弁護士事務所を案内してもらえます。

交通事故に強い弁護士の無料案内ご希望の方は「交通事故サポート」へお問い合わせしてみて下さい。